MENU

化粧水にも含まれているハイドロキノンとは

ハイドロキノン,化粧水,効果

白い肌は女性のあこがれです。
シミやそばかすのないきれいな顔になりたいと思っている人も多いものです。

 

美白のための化粧品類はたくさん販売されており、朝と晩の手入れに力を入れているという人もいますが、その成分は本当に効果があるのかを確認する必要があります。

 

一般的な化粧水などに利用されている美白成分には、ビタミンC誘導体やコウジ酸など紫外線を浴びてもシミにならないような効果があるというものは多いです。
しかし、これらの成分ではできてしまったシミに対しては効果を発揮しません

 

できたシミに効果を発揮する成分に、ハイドロキノンがあります。

 

ハイドロキノンって?

ハイドロキノンとは、以前から世界中の人に利用されてきた成分です。
日本では薬事法によって規制されていたために美容皮膚科クリニックなどの医療機関でのみの取り扱いとなっていました。

 

そのために、日本ではあまりよく知られていなかった成分でした。
近年では薬事法の改正によって化粧水などにも利用されるようになりました。

 

ハイドロキノンとは、できたシミも漂白する作用があり、色素沈着に対しても効果を発揮します
シミを消すとともに、塗った状態で紫外線を浴びてしまえば逆にシミを悪化させる作用があるので取扱には注意が必要です。


ハイドロキノンの美白効果でシミを消す

シミ対策としての美白ケアには様々な方法がありますが、
大きく分けて二つの方法があります。

 

シミを予防するケア

一つ目は、日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったり日傘をさしたりUVケア効果がある化粧品を使用したりするシミを予防するケアです。
紫外線対策をすることでメラノサイトから生成されるメラニンの色素沈着を抑制するというものです。

 

できてしまったシミに対して働きかけるケア

二つ目は、できてしまったシミに対して働きかけるケアです。
できてしまったシミを消したり薄くしたりするのはとても難しいことです。
しかし、シミを消したり薄くしたりすることが可能な強力な美白成分が存在します。
それがハイドロキノンです。

 

できてしまったシミに有効なハイドロキノン

ハイドロキノンには漂白作用があるのでシミに強力にアプローチすることができます。
ハイドロキノンが配合されている化粧品を使用して美白ケアをすればシミのない透明感のある美肌に導くことができます。

 

ハイドロキノンの効果を高めるためには、肌のターンオーバーを活性化させる必要がありあす。
美白ケアと同時に保湿ケアの徹底も心がけましょう

 

保湿ケアにより肌がうるおうと角質のバリア機能が高まってターンオーバーを促進させて肌の再生を速めることができるので、ハイドロキノンによる美白効果がその分速くあらわれます。

ハイドロキノンの使い方について

 

シミや色素沈着に効果があるとして話題の成分に、ハイドロキノンがあります。

 

世界中で多くの人に利用されてきた美白成分ですが、少し前までは日本では薬事法によって規制がされていました。
そのため、美容皮膚科クリニックなどの医療機関でのみの取り扱いとなっていました。

 

けれども、現在では薬事法緩和によって日本でも話題となって多くの人に利用されるようになった成分です
手軽に手に入れることができるようになりましたが、一時は薬事法の規制がされていたように取扱には注意が必要な成分でもあります。

 

使用前にパッチテストを

ハイドロキノンは、商品によって1%から4%程度のものがあります。
成分が薄いものであっても、直接顔に塗らずにパッチテストをしてから使用する必要があります。
腕の内側など目立たない皮膚の薄い場所に塗ってみて、異常がなければ顔に使用するようにします。

 

部分的に使用する

使い方としては、シミや色素沈着を起こしている部分に綿棒などで塗るだけです。
シミのない部分に塗ってしまえば肝斑になる可能性もあるので、部分的に使用します。
クリーム状になっているので、伸びも良くて塗りやすくなっています。

 

塗った後は紫外線に注意

塗った後には紫外線を浴びないようにすることが重要です。
室内であっても紫外線を浴びればシミが濃くなる可能性があり、日焼け止めでケアをします。

 

ハイドロキノン化粧水の気になる効果とは

ハイドロキノン,化粧水,効果

美白ケアを行いたい方におすすめなのが、有効成分の配合されている化粧水です。

有効成分には、アルブチン、ハトムギエキス、ビタミンC誘導体などがあります。
中でも漂白作用があるハイドロキノンが配合されているものは、
出来てしまっているしみにも有効です。

 

一般的には、メラニン色素を増やさないという効果が期待できるアルブチンなどの有効成分ですが、漂白作用といいますと、1番効果が高いのがハイドロキノンです。

 

美容皮膚科などでは、濃度の高いクリームを処方してもらうことができるところもありますが、
診察も必要ですし、通わなければなりません。

 

ハイドロキノンでの日々のケアが美白の鍵

 

そこで自宅でも簡単にできる毎日のケアとして、ハイドロキノン化粧水を使うことはとてもおすすめなのです。

 

毎日使うことで、出来てしまったシミを少しずつ薄くしたり、新しいシミを予防していくこともできます。

 

美白ケアを本格的に行いたい方は、まずは自宅でできる、そして続けられるような方法を考えていきましょう。

ハイドロキノン配合の市販化粧品の効果とは

ハイドロキノン,化粧水,効果

いつのまにかシミやそばかすが増えたため、お肌の色が全体的にくすんでいることを悩んでいる方があれば、デパートやドラッグストアなどで購入できる、ハイドロキノン配合の市販化粧品を使うことをおすすめします。

 

ハイドロキノンは医療機関で用いられるほど、効果のある美白成分のひとつなので、毎日お肌に浸透させれば、徐々に若い頃のような透明感のある肌に近づいていきます。

 

今あるシミの治療に加え、これから出来るシミを予防する効果があるので、美容外科には行かずに市販化粧品で美白したいときは、パッケージでハイドロキノンが入っていることを確認してから購入するようにしてください。

 

メラニン色素の生成を抑えて、シミを予防する効果があるのは他の美白成分と同じですが、ハイドロキノンは他の成分と比較して、効き目に100倍ほどの差があるといわれています。

 

ハイドロキノンを配合した市販化粧品を使えば、メラニン色素そのものを薄くすることが出来るので、シミやそばかすをケアしたいときは利用するようにしましょう。

ハイドロキノン使用時の副作用と好転反応とは

ハイドロキノン,化粧水,効果

現在、多くの女性が肌のシミやニキビ跡において多くの悩みを持つ方が増えております。

 

最近では塗り薬でもシミやニキビ跡を改善する薬が多く出ております。

 

中でも特に効果が得られやすいのがハイドロキノンになります。ハイドロキノンは漂白作用を持つ塗り薬で幹部に1日1回塗り込むことで次第に色素が薄くなり綺麗な肌を実現することが可能とされています。

 

 

ハイドロキノンを使用していくと塗った部分がピリピリ刺激がある事がありますが、これは好転反応でありしっかり効いている証なのでそのまま使用しても問題ありません。

 

しかし、長年使用を続けると皮膚の色素が無くなり、肌の色より白くなって元に戻らなくなるといったことや状態によっては赤みを帯びたりと副作用もあるため、3ヶ月程度連続使用をした後は1ヵ月使用を中止する事が必要です

 

美容皮膚科などで取り扱うハイドロキノンですので、使用方法や悩みについて医師としっかり相談した上で使用を続けて行くことが大切になります。

[ハイドロキノン化粧水の本当の効果検証|ハイドロキノンが肌に良いって本当?]関連情報

このページの先頭へ